真円度の高い球面加工。高精度で片減りの無い先端加工をします。
セイリンではより精度の高い先端研磨加工技術に取り組んでいます。その結果、真円度0.235㎛という高精度で片減りの無い先端球面加工を実現しました。
今回、真円度の測定データは三鷹光器株式会社様から提供していただきました。
♦片減りの無い先端球面加工
(真円度)鍼先
真円度の精度が高いことで軸ズレせずに、狙った場所へアクセスすることが出来ます。
セイリンでは先端から7㎛の距離で、真円度が0.235㎛という高い精度です。
真円度Z=7um±6
また、先端から300㎛の距離でも真円度は0.904㎛という高精度で片減りの無い先端球面加工をすることに成功しました。
真円度Z=300um±10

 
♦真円度の高い球面加工を安定供給
セイリンではφ0.08mmの極細線でも真円度が高い先端球面加工の量産化を実現、安定供給が可能です。