content_SL_img_002
セイリンでは、極細の金属ワイヤーを直線加工いたします。
材質は主にステンレスワイヤーなど硬質なものが中心ですが、ステンレス以外のチタン等の材質もご相談くだされば対応いたします。お客様のご要望の長さ・太さの線材を、真っ直ぐに矯正し、定寸でカットいたします。

◆セイリンの直線加工技術の歩み
安全で効果的な鍼灸医療の実現に寄与するために1978年開発・発売された当社の「セイリン鍼」
・鍼治療を受けられる患者さんにとって痛みが少なく、清潔で安全であること。
・鍼灸師の先生方にとって安全で施術しやすい鍼であること。
セイリンはこの二点を重要であると考え、大切なお客様の声をいかした製品の開発・販売など、製造技術の向上を常に追求しています。
鍼治療を受けられる患者さんにとって鍼が皮膚に刺さる時、painless(痛みがすくない)であることが極めて大切です。セイリンの1/1000mm単位をコントロールし直線加工を施す矯正技術は鍼体の加工技術の精度を安定させました。
◆金属ワイヤーの表面に傷をつけずに直線加工
コイル状で管理されているワイヤーには巻き癖がついています。それを引張ったり、叩いたりする方法で直線加工を行うと、ワイヤー表面に傷がついてしまいます。
「ワイヤーの表面に傷をつけずに直線にしてほしい。」直線加工を施すセイリンの矯正技術はお客様のご要望にお応えします。通常、極細であるほど線材は切れやすくなりますが、セイリンでは安定した品質で量産する事を実現しました。
直線加工  針先研削
◆お客様の希望のサイズで加工します
ステンレスを得意としておりますが、その他の材質もチャレンジして参りますので、材質・長さのご希望など、まずはご相談ください。
太さ 0.04mm〜0.70mm
長さ 5mm〜2,000mm
数量 100本〜1,000,000本以上(月産)
◆関連した研究開発事例はこちらです。
チタンワイヤー加工、量産を可能に(2015年10月29日)
長さ10mm以下の直線加工・先端加工を実現(2015年7月7日)
0.05mm極細金属ワイヤーの表面を傷つけずに直線加工(2015年3月5日)
0.08mm金属ワイヤーの直線加工・先端加工を安定供給(2015年3月5日)
長さは自在。金属ワイヤーを希望のサイズで直線加工します(2015年3月5日)